バナーリンク集

  • 多摩てばこネットはこちら
無料ブログはココログ

twitterバッチ

  • Follow us / Twitter

南極観測隊&極地研究所

2014年2月20日 (木)

南極観測船しらせ

2月12日に氷海を離れて帰路へ就いた南極観測船「しらせ」。

南極の700m沖合で暗礁に乗り上げ、航行不能となった。
日本の南極観測船が座礁したのは、60年近い観測史上初めて。
Blog_20140220a

2012年5月12日 (土)

本山先生テレビに!

1336833442823.jpg

極地研の本山先生が 未来の平凡博士に出てました
思わず写真撮っちゃった

2010年11月11日 (木)

南極観測船しらせ出港

今日は、南極観測船しらせ出港!

こちらでustream中継しているようです。

2010年6月10日 (木)

たちかわPerson更新

多摩てばこねっと 「たちかわPerson」を更新しました。
昨年8月から連載を続けてきた「極地研」シリーズも
いよいよ最終回。
国立極地研究所教授・副所長・北極観測センター長、
山内 恭さんのインタビューです。
これまで3回越冬を経験し、今秋出発する第52次隊の
隊長も務める山内さん、研究へのバイタリティと
意外な素顔にも触れられます。
ぜひご覧になってください。

2010年3月10日 (水)

ペンギンが見た南極

Person10032

ペンギンpenguinの研究をされている国立極地研究所の高橋准教授にお話を聞きました。
「ペンギンの撮った写真」や、動画で鳴き声も聞けますhappy01
「たちかわPerson」のコーナーをご覧くださいshine

2010年2月 4日 (木)

南極ブログ更新&写真追加

昭和基地のクマガイ隊員から投稿、そしてたくさん写真が届いたので過去記事にアップしました!
氷山の写真がすごい…!そしてかわいいペンギンもpenguin

第51次南極地域観測隊ブログ「ペンギン村からこんにちは!」

写真を追加した過去記事は下のリンクからも飛べますhappy01

艦上の年末年始
南極の初日の出
ブリ
氷の力
動物いろいろ
棚氷上陸
一瞬の昭和基地入り
しらせ船内生活
氷山が見えた!!
12/1 フリーマントル出航

2010年2月 1日 (月)

国立極地研究所シリーズ。今回は図書館。

いろんなエキスパートが集う国立極地研究所penguin。今回お話しを聞いたのは、 情報図書室・担当のお二人。極地研の図書室ってどんなものなんでしょうsign02

たちかわperson
「『調べたい』に応える‐極地のことならここが一番!極地研情報図書室」

Person10023

2010年1月30日 (土)

南極教室 立川市柴崎学習館 つづき

南極教室です。
3kg_8565
南極の氷を触る子どもたち。

3kg_8586

こうやって、ちゃんとメモをとってるんです!!
えらい!

3kg_8593

ペンギンは前に進む時、歩く、はらばいになる、泳ぐ、どの方法が一番速いでしょう?という質問。泳ぐのが一番速いんです。時速7kmだそうですよ。
詳しい事はえくてびあん3月号を読んで下さいね!極地研の専門家がお話してくれています。毎月えくてびあんでは南極のことを特集しています。
立川の方でしたら、えくてびあんが手に入ります。それ以外の地域の方は、多摩てばこネットからえくてびあんに入って下さいね。リンクしてますから。

3kg_8609
これは南極の湖にもぐって映した映像です。タケノコ状の苔玉ですよ〜。

3kg_8622

南極の−20℃でシャボン玉はどうなるでしょう?
割れてしまうか、凍るか、こわれないか。もちろん凍るんです。
みんな正解!

3kg_8625

小学生の質問コーナー。
むずかしい質問もありましたよ。
例えば、「南極へどうして行こうと思ったのか」とか「温暖化が進むと南極はどうなるのか」とか「南極はなぜ氷や雪に覆われているのか」とか。
むずかしい質問には本吉隊長が答えていました。

3kg_8632

鮮明な画像と音声で、本当に立川と南極がつながっているって実感した一時間半でした!

南極教室 立川市柴崎学習館

極地研究所内で行われる南極教室と移転記念のイベントを除くと、立川市で初めて行われた南極教室! 
立川に極地研が移転してきたのは昨年の5月。日本各地で行われている南極教室がようやく立川でも。
今日は柴崎学習館に立川市の各小学校から、科学好きなお子さんが集まりました。

昭和基地にいる学校の先生(千葉の小学校の先生と、奈良の高校の先生)が、立川の小学生に向かって声をかけます。ほら、こんな感じです。

集まった小学生はみんな一生懸命メモをとって、えらいです〜。すっかり勉強モードです。さすが!
ペンギンの話、オキアミの話、昨日ニュースでも流れたタケノコ状の苔玉の話、むずかしいのにみんな静かに聞いています。

ところが、途中で南極との回線が途切れてしまいました。そりゃ〜、遠いですからね。
画面に映った自分たちの姿を見たとたん、子どもたちは子どもらしい動きに。
かわいい〜。やっぱりかわいいですね〜。


2010年1月22日 (金)

南極観測隊ブログ更新

南極観測隊penguinのクマガイさんがクラウン湾への航海から戻って昭和基地入りしました!happy01

詳しいようすはこちらdownをご覧ください!

「ペンギン村からこんにちは!-第51次南極地域観測隊ブログ」

より以前の記事一覧

twitter

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック